前向きなココロとライフスタイルがつくれるようなモノ、コトをランドリーシーンから

フレディ レックはベルリン北部にあるフレディ レック・ウォッシュサロンのオーナー。かつて演劇を学んだ彼がオープンしたコインランドリーに貫かれているのは、表現者としての哲学です。

​『単に洗濯をする場所にはしたくなかった』という彼は、店内に小さなカフェスペースを作り、利用する人々のコミュニケーションが生まれる場を作りました。学生からお年寄りまで、洗濯の時間を通して様々な人々が集い交流する空間は、地元コミュニティの『サロン』としての役割を担っています。

『ランドリーの時間をもっとみんなにエンジョイしてもらいたいんだ』

そして店内の壁に施されている個性的な壁紙やアートワーク、ユニークなオブジェたち、そしてフレディ自身のお気に入りのクラシック音楽といった仕掛けから彼のパーソナリティを感じることのできるこの場所は、彼の表現の場でもあるのです。

ここはただのコインランドリーではなく

"ウォッシュサロン"

Freddy leck sein Waschsalon(フレディ レック・ウォッシュサロン)は、単なるコインランドリーではありません。コインランドリーは洗濯する場所なのに、それ自体がきれいで魅力的な場所ではないという矛盾に目をつけたオーナーのフレディ レックが北ベルリンに立ち上げたお店です。ウォッシュサロンが掲げるユニークなコンセプトは、人々が集うコミュニティをつくること。また、その空間には毎日の洗濯の時間や空間を楽しく心地の良いものにするアイデアや仕掛けが散りばめられています。

一歩店内に入るとまず目に入るカフェスペースで気づくことは、ランドリーの利用者が、洗濯機が回っている間に思い思いの時間を過ごしていること。また店内で流れるクラシック音楽は、乾燥機から取り出した服にアイロンをかけるという何でもないコトも、リラックスした優雅な時間に変えられるのだというヒントをくれます。

ファインデザイン & ファインクオリティ

フレディ レックのランドリーグッズには『毎日の洗濯をもっとクリエイティヴに』を提案するウォッシュサロンのさりげない遊びごころが表現されています。そして使い心地が良い、実用品としての優れた機能性や品質も大切にしています。